moriguchi_00

■設計・ 施工

 

○施工にあたって:

築48年の木造平屋建てのリフォームは、基礎・梁桁の補強、外壁・屋根の修繕、さらに断熱・気密工事からスタート。
昔ながらの良さを残すため、間取りはほぼ変更せず、
ご家族のご要望を叶えつつも、予算内で収まるようにプランを煉りました。
リビングダイニングキッチンを、より使いやすくするためシンクを移動したり、
トイレの増設・洗面所の拡大で5人家族の朝の渋滞を解消。
断熱性、気密性の強化を計り、冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごせるようになりました。
ご家族たってのご要望だった、温泉気分の味わえる
『ゆったりとした木のお風呂』の素材には、水に強い高野槙を。
他の場所も国産材にこだわり、柱や梁桁の補強、天井などには吉野杉を採用。
場所によって檜、赤松なども使い分けました。
例えば洗面所やトイレの床・壁には、水に強く香りの良い檜、
リビング・廊下の床には、傷がつきにくく足触りの良い信州産の赤松などを使い分けています。
木の香が心地よく、家族の想いがたくさん詰まった素敵な空間へと生まれ変わりました。

 

○プランにあたって:

  1. リビングとダイニングキッチンは、ひと続でありきながらもメリハリのある空間になっています。
  2. 木をふんだんに使ったお風呂は、家族全員のご希望でした。毎日温泉気分を味わえます。
  3. ひと続きの長い縁側のような廊下が、家の奥行き感を高めています。
  4. 土や木など素材感を残して仕上げた玄関は、風通しにも配慮しました。
  5. 間取りはほとんど変えなかった二間続きの和室ですが、新しい畳や建具が気持ちいい空間となりました。

DATA

構造・規模/木造平屋建
敷地面積/436.35m²(132.0坪)
延床面積/111.33m²(33.7坪)